中学生になって

これだけは覚えておいて下さい。

小学校のときのやり方では通用しなくなるときが来ます。

次のような方は要注意です。

  • スパルタ教育をしてきた人

(反抗的になります。)

  • 飴と鞭で教育してきた人

(つまらない無気力な子になります。)

○ 子供の行動を誘導してきた人

(嘘は見破られます。)

必ず通用しなくなるときが来ます。

 

これからは基本的な接し方はソフトランディング

(無理にこちらの言い分を通そうとせず、

話合いで物事を決める)

子供の考え方が間違っていて、こちらが正しくても

とりあえず子供の考えを聞いてください。

そして、間違っていることは指摘してください。

こちらが指摘しても聞かない場合は

子供の言う通りにやらせてみて下さい

甘やかすのではありません

だめだということをわからせるために、

子供の言うとおりにするのです。

「それで大丈夫?」と確認をとるだけで良いです。

ただし、本人の人生に関わるようなこと

(学校を退学するなど)は必ずとめて下さい。

過激な行動のみ止めるようにすれば良いです。

過激な行動を許すと、子供もそれに慣れてしまいます。

やがて自分の過ちに気づいて大物になるかもしれません

があまり期待できません。

 

これだけは言っておきます。

「魔法のような指導法はありません。」

一瞬だけ嘘でやる気スイッチが入ることは出来ますが

所詮嘘ですので、効果は長続きしません。もう小学生で

はないのですから嘘も誘導も通用しなくなります。

 

「やる気が出るまで、根気強く待つしかないのです。」

もちろん、ただ待っているだけではだめです。

それは放置です。子供の行動をよく観察して下さい。

そして時々指摘するだけでいいです。

好きなようにやらせて、それではだめだということを気づかせましょう

 

 

 

成績を伸ばすには次の2つが大事です。

① 計画的に効率よくやる。

② 毎日こつこつやる。

 

誰でもわかる当たり前のことですが、

これがなかなかできません。

他の方法でやろうとします。

なぜならこの2つ面倒だからです。

実際はたいして面倒ではないのですが、

これまで自分で考えてやったことでなく

やらされていたことなので、子供のとっては

面倒なことになるのでしょう。

 

小学校のときは、これを無意識にさせ

られていただけです。

①は塾のカリキュラムで管理されてやっていました。

②は毎週のテストに追われて無理やりやらされてい

たからです。

結果として①②を無意識にさせられていました。

それも、ほとんどが、勉強がしたいからやっていた

のでなく、受験に勝つためにやっていました。

そしてそこそこ勝てていたため続いただけです。

 

よく小学校のときはあんなにやっていたのに、

中学に入ってやらなくるのは別に不思議なこと

ではありません。

元々別の目的でやらされていたからです。