そろそろ具体的に何をするか示そう。

親の信用を得ることだけ考えれば問題ない。

ただし信用を失っている君達には時間がかかるかもしれない。

ただ相手は君のことを信用したいと思っている家族なのだ、

他人の信用を得るより簡単である。

 

○どのように今の成績を上げるか具体的に示す。

 一流の営業マンというのは相手が欲しがっているものを、相手が言う前 に提示する。

二流だと、相手の欲しがっているものを聞いて提示する。

三流になると、自分で売りたいもの(説明するのが得意なもの)を提示する。

ようは相手の望むものを与えれば良い

親に高いゲームソフトを買ってもらっても、やりたくないものだったら嬉しくないだろう。

「そんなもの買ってくるなら、これ買えよ」と思うはずだ。

これは彼女をGETするときにも役立つので覚えておいた方がいい。

(ただし女性の場合は相手をお姫様扱いするという項目がプラスさ

れることを忘れてはいけない)

親は何をしてほしいか、君達の場合こんなに簡単なことはない。

規則正しい生活を送り、ちゃんと勉強する。

(これをきちんと示せば充分である)

口でごちゃごちゃ言っても無理である。書面と行動で示すことが大事。

学習シートを作り、自分が学習する内容を書いて親に見せる。

学校でもらったプリント等を整理して、試験前にすぐ勉強できるようにする。

○嘘はつかない。怒られるとわかっていても本当のことを言う

 ときにはサボりたくなることもあるだろう。サボったことを隠しても、言い訳してもだめである。

自分のやった行動は間違っていると思った場合は正直に話して、許しをもらうことだ。開き直って、逆ギレなどするのはもっての他だということは、いちいち説明しなくてもわかるはず。

それと、時々つまらない嘘をつくものがいる。なんでこんな嘘をついたのか意味がわからない。虚言癖が有るので病気なのかと疑いたくなるほどだ。

もうわかっていると思うが、信用を失うだけなので変な癖は直した方が良い。

 ○出来もしない約束はしない。約束したら必ず守る。

出来ないことは出来ないとはっきり言うことだ。そして約束したら必ず守る。途中でさすがにきついと思ったら、謝って約束を取り消してもらおう。

勝手に反故にするのはもってのほかで、1番信用を失うことだと自覚してもらいたい。

1度にどうこうしようとせず、まずこれだけやることだ。これで君達

の親も大体安心して、君達に対する態度も変わるだろう。

あとは効率よく勉強して、そこそこの成績をとってゲーム等をする自由な時間を作るか?

全ての生活を学力を上げることに集中して、もっと成績を伸ばすかは君達の自由である。